ニュース・トピックス

高齢者の孤独を防ぎ、活動を活発する効果 シニア目線でネット社会を語る

シニアの目線でネットを話し遭った環境フォーラム

シニアの目線でネットを話し遭った環境フォーラム

名古屋産業大学と尾張旭市が主催する「第17回環境フォーラム」が、12月16日、名産大文化センター大ホールでありました。市民や学生ら約100名が参加し、講演や質疑応答で議論を深めました。

今回のフォーラムのテーマは、「高齢社会のインターネット環境」。牧アイティ研究所の牧壮代表が「シニア目線で見たインターネット社会の現状と期待」と題して基調講演されました。これからますます高齢化が進み、その対策として高齢者がネット社会とかかわりを持つことで、孤独化を防ぎ活動活発になるなどと訴えました。

また、大東恭子・尾張旭市情報課長がネットを活用した尾張旭市のPR、石橋健一・名産大教授が高齢者のネットアンケートの結果などを講演されました。

  • 菊武学園CM
  • タイプライタ博物館
  • アクセスマップ
  • 菊武学園facebook