ニュース・トピックス

短大健康福祉学科が新設10周年 介護の日に記念イベント開催する

優雅な車いすダンスが展開された

優雅な車いすダンスが展開された

名古屋経営短期大学健康福祉学科が新設されて10周年の記念イベント「11月11日は介護の日」が、名古屋キャンパスで開かれました。菊華高校の生徒や市民ら大勢が参加し、高木弘恵学長が「きょうは周りの人に手を差し伸べる日にしよう」と、呼びかけて開幕しました。

健康福祉学科の学生3名が、バランスボールを使って体の動きが良くなったことなど学びの体験を披露しました。続いて、認知症の介護人を描いて評判の映画「ケアニン」を上映、この映画のプロデューサー 山国秀幸さんが映画制作の現場の話を織り交ぜながら、具体的に介護士の仕事の厳しさややりがいなどを語りかけると、会場からすすり泣きの声が聞かれました。

午後からは、中学校の体育の教科書にも載った車いすダンスの会「ビバーチェ」のメンバー約20名が優雅なダンスを披露。介護予防のノルディックウォーキングのミニ講習会が開かれました。

会場ではこのほか、健康弁当やわっぱんのメンバーによるパン販売の出店がにぎわいました。

  • 菊武学園CM
  • タイプライタ博物館
  • アクセスマップ
  • 菊武学園facebook