ニュース・トピックス

名産大卒業生の女性競艇選手が初勝利。高度なハンドルさばきでトップに

Vサインで初勝利祝福に応える中北涼選手

Vサインで初勝利祝福に応える中北涼選手

初勝利で同僚らから水面に放り込まれる「水神祭り」の洗礼も

初勝利で同僚らから水面に放り込まれる「水神祭」の洗礼も

名古屋産業大学の2015年卒業生で、女性競艇選手となった中北涼選手が、2月21日、常滑競艇のレースで、待望の初勝利を飾りました。プロデビューから10か月、65走目の快挙でした。

中北選手が初勝利をしたのは、ボートレース常滑で開催していた「愛知バスABCツアーカップ」最終日の第2レース。うまいスタートダッシュをみせてトップグループにつけた後、高度なハンドルワークをみせて先行するボートを差し、その後もトップを維持して堂々の初勝利でした。

レース後は、観客の前で先輩や同僚選手らに担がれ、水面に投げ出される「水神祭」のお祝いをうけました。ボート界では初勝利の後、必ずうける洗礼で、中北選手は水から上がると満面の笑みで手を振って応えていました。

在学中ゼミの担当だった平井一正教授に、中北選手から「とてもうれしい。早く2勝目を目指します」と、メールで勝利報告がありました。中北選手は菊華高校時代、スノーボードの国際大会に出場するなど活躍していました。

  • 菊武学園CM
  • タイプライタ博物館
  • アクセスマップ
  • 菊武学園facebook